体験したことのある人でないと判りづらい

体験したことのある人でないと判りづらい

私がむずむず脚症候群に悩まされるようになったのは、結婚して間もない頃でした。独身時代は自分一人で寝室に寝ていたのが、急に夫と一緒の部屋で眠ることになり、どうしても寝つきが悪くなってしまったのもその時期でした。ちょうどタイミングが重なっていたので「眠れないのは、夫と同じ部屋にいるからだ」と思い込むようになりました。

 

そして夫には申し訳ないのですが、それぞれ別々の部屋で眠ることを提案しました。

 

ところが部屋を替えても全く眠れないのです。
「寝よう、寝よう」と気持ちが焦ると余計に頭が冴えてしまい、手のひらが熱くなり、脚がむずむずしてしまうのです。症状のうち、とりわけ脚のむずむず感は堪りませんでした。

 

痒いような感じがするのに皮膚の表面を掻いても全くそのむずむず感が治まらないのです。たとえて言えば、脚の皮膚よりも中側が痒くなるような妙な感覚です。

 

こればかりは体験したことのある人でないと判りづらいと思いますが、「もう勘弁してー!」と叫びたくなるようなイライラを毎晩感じていました。